« 前   TOP  次 »

2019年07月12日

隠された古代日本史 その後の大日霊女③

 日霊女女王の御生涯は実に驚嘆すべき大事業の連続で、日本人の御先祖さまの代表とも言うべきお方が、これほど素晴らしい御存在だったことを知って私は驚きましたが、まさに女性は強い。まして、女王の強さは並大抵ではなかったようですね。


 現代社会の大混乱。出口がまるで見えない火事場のような騒ぎの毎日を、どこに視点・考察を置くかと言えば日本の歴史。重ねて言いますが、古代の歩みを血の通った人間の動きを通して学ばなければ、日本人の基本に還らなければ将来が見えない、ということではないでしょうか。
 『他人だと思っても、その人の五代まで遡れば、自分と何らかの縁のある人なのだ』
と教えてくれたのは永六輔氏ですが、現代社会を生きる私たちは、次世代へ良い歴史を渡していくことをもう少し自覚しなければならないと考えます。
 壮大な歴史の中から、日本の伝統が培われ、太子憲法という偉大な財産も生まれてきたのです。
 今一度、私たち日本人の生きる途を考えるべきではないでしょうか。

永六輔さんのお言葉が記述されていますが、次回からはその永さんとの旅のお話が始まります。

では、また来週金曜日に更新いたします。