« 前   TOP  次 »

2018年12月21日

隠された古代日本史 勇者 素佐之男起つ ーオロチとの戦いー①

 さて、ここからが素佐之男(スサノオ)尊の出番です。私は、素佐之男という巨大なお方の足跡を本当に知りたいと、現地にもまいり、本も沢山読んでみました。


 父の名前は布都(フツ)、尊(みこと)は布都斯(フツシ)と呼ばれました。これはモンゴル族系の名前だそうです。西暦一二二年頃、現在の島根県平田市(旧称・爾多(ぬた))のお生まれであったといわれます。

 父の布都は港の業務を推進する豪族のリーダー、素佐之男は武勇絶倫。モンゴロイド騎馬民族の系図の人ですから、馬術、 弓矢、投げ槍にかけては二十歳の頃までに出雲第一の武者として、国中の若者たちのあこがれでした。加えて、素佐之男は人間社会の動き、人間の心を捉えることにかけては、並ぶ者なき人物でした。

カッコイイ「素佐之男」さんのお話が始まったところで、本年のブログはラストとさせて頂きます。
この1年もお読み頂きまして、まことにありがとうございました。

次回は、来年1月11日です。
どうぞよろしくお願いいたします。
良いお年をお迎えくださいませ。