« 前   TOP  次 »

2016年11月11日

聖徳太子憲法を読む 臺の政道 儒士憲法 第四条

臺の政道 儒士憲法 第四条

 『儒は是れ博識強記なり。
是れ致知機物を要とす、其の要は夫子の一貫たり。之を得るは則わち道なり。其の體は明徳。其の位は中庸。其の蹟は忠恕。曾子の忠恕を謂うは、空を謂うに非ず。王者は、尭、瞬、禹を師となし、臣者は周、孔、孟を師とせよ。
學ぶ所は徳にあり、故に徳なき賓は師となすに足ず。』


《読み方》

儒はこれ はくしききょうき なり。
これ ちちかくぶつを かなめとす、
そのかなめは ふうしの いっかんたり。
これを うるは すなわち 道なり。
そのたいは めいとく。
そのくらいは ちゅうよう。
そのあとは ちゅうじょ。
そしの ちゅじょを いうは、
くうを いうに あらず。
みかどは、ぎょう、しゅん、うを師となし、
つかさたちは 周、孔、孟を師とせよ。
学ぶ所は徳にあり、
ゆえに 徳なき みちびきひと は 師となるに およばず。

《訳》
 儒は博識強記である。この肝要は致知格物であり、そのまた肝要は孔子の言った語である。 これを得ればすなわち道である。その体は明徳、その位は中庸、その跡は忠恕である。曾子が忠恕をいったのは空言ではない。 王者は尭・舜・禹を師とし、臣下は周公、孔子、孟子を師とせよ。学ぶところは徳である。だから、徳のない賓客は師とするに足らない。

《三波春夫の解説》
 ”儒を学ぶということは、徳を学ぶということである。それゆえ、徳の無い人を師とするべきではない
 太子は、”国に仕える者は周、孔、孟を師とすべし” とされていますが、”孔” ”孟” は勿論孔子と孟子、”周” は兄の武王を助けて周の国の基礎を築き、孔子が理想の聖人とした周公のことです。

《本に記載されている欄外解説》
尭・舜・禹
古代中国の伝説に記されている王たち。それぞれ理想的な名君として伝えられている。

周公
中国の周の時代の人物。周の武王の弟。武王の子、成王を助けて周王朝の基礎を築いた。 孔子が理想とした聖人。

孟子
中国の戦国時代の思想家。 孔子の教えを受け継いで儒学を広め、性善説や王道主義を説いた。紀元前三七ニ~紀元前ニハ九年。

徳のある人…。そうですね、いらっしゃいますね。
徳ですからね、得のある人、じゃないですからね。笑。

ではまた、来週金曜日に更新いたします。