« 前   TOP  次 »

2007年04月14日

三波美夕紀 プロフィール (八島美夕紀)

略歴
1958年(昭和33年)、三波春夫の長女として東京都に生まれる。
6歳から日本舞踊を習い、19歳で三波春夫歌舞伎座特別公演にて女優デビュー。


その後、舞台・テレビで活躍後、31歳で三波春夫のマネージャーとなり、
11年間に亘りその芸能生活を支える。


三波春夫なきあと、株式会社三波クリエイツ代表取締役として、
三波春夫に係わる業務全般を務めている。


また、2002年12月に前立腺がんの早期発見をめざし
PSA検査を呼びかける啓発団体「三波春夫PSAネットワーク」を設立。
代表として3年間活動。
2005年12月、PSA検査申告者数が目標値を遥かに超えた成果をもって
同ネットワークは解散したがその啓発活動はライフワークであり、
現在は「ブルークローバー・キャンペーン」のサポーターとして活動中。


2011年三波春夫の歌を踊る「三波流」を創設。三波流流主として
舞踊振付・所作指導を行っている。


著書は、「ゆく空に 三波春夫、母そして私」(集英社インターナショナル)。