TOP  次 »

2007年04月14日

三波春夫プロフィール

略歴

1923年(大正12年)7月19日 新潟県三島(さんとう)郡 <現・長岡市>
越路町で誕生。家業は本屋。


13歳で上京後、米屋・製麺所に奉公。
その後、築地魚河岸で働く16歳の折に日本浪曲学校に入学。

同年、東京六本木にあった寄席で浪曲家として初舞台を踏む。芸名は、南篠文若。
20歳で陸軍に入隊し、終戦ののち22歳から26歳までロシアのハバロフスク、
ナホトカで捕虜として抑留生活を送る。
労働の合間に浪曲・演劇・歌を創り、演じることで仲間を慰め多くを学んだ。
帰国後、浪曲界に復帰。


1957年(昭和32年)、三波春夫として歌謡界に
「チャンチキおけさ/船方さんよ」でデビュー。
和服姿の男性歌手の一番手であり、
歌手が座長の芝居と歌の大劇場一ヶ月公演の先鞭を付けた。
国民的歌手と称ばれ親しまれた。
代表曲に「大利根無情」「東京五輪音頭」「世界の国からこんにちは」
長編歌謡浪曲「俵星玄蕃」などがある。


1976年のリサイタル「終り無きわが歌の道」、
1982年のリサイタル「放浪藝の天地」のいずれも文化庁芸術祭優秀賞受賞。
1994年発表の「平家物語」にて日本レコード大賞企画賞受賞。


1986年(昭和62年)紫綬褒章受章、1994年(平成6年)勲四等旭日小綬章受章。
2001年(平成13年)4月14日逝去。